鸢 璎-

无我。

风之情侣:

不尝苦,何有甘。人生本来就是甘苦与共的一段旅程。区别是,有的人有旅伴,有知己,有的人没有。没有爱的人,身边纵然热闹蜂拥,终是寂寞不去。有爱的人,天涯浪迹,穿风踏雪,却从不孤独。 ——裟椤双树 《浮生物语》

纵有万般非吾属,伴得白马啸西风。

你还差我八块钱:

“小尼姑年芳二八,正青春被师父削去了头发,我本是男儿郎,又不是女娇娥”
  这辈子听过最难过的戏词吧。
  真虞姬,假霸王。真真假假谁又分的清呢。或许根本不是时代的错,只是一开始就没有对过。程蝶衣,绝代风华也只是在旁人眼里。
  哥哥真是个温润君子啊,想起之前阿塞说过的,唯有你,让我爱到不像凡人。

人生海海,不弃爱与执着

小豆之家:

二人の間 通り過ぎた風は
掠过两人之间的风
どこから寂しさを運んできたの
捎来不知来处的寂寞
泣いたりしたそのあとの空は
哭泣过后眺望的天空
やけに透き通っていたりしたんだ
有种格外的通透
music

いつもは尖ってた父の言葉が
平日里刺耳的父亲的话语

今日は暖かく感じました
今天却倍感温暖
優しさも笑顔も夢の語り方も
对温柔、笑容以及梦想的讲述方式都一无所知
知らなくて全部 君を真似たよ
我只是跟随着你 做你的影子
もう少しだけでいい あと少しだけでいい
只要一点点时间就好 再给我一点点时间就好
もう少しだけでいいから
真的只要一点点就好
もう少しだけでいい あと少しだけでいい
只要一点点时间就好 再给我一点点时间就好
もう少しだけ くっついていようか
再让我们相互依偎一会吧
music

僕らタイムフライヤー 時を駆け上がるクライマー
我们是时间旅行者 追逐时光的攀缘者
時のかくれんぼ はぐれっこはもういやなんだ
厌倦了与时间的躲猫猫 逃避时间的流逝
嬉しくて泣くのは 悲しくて笑うのは
喜极而泣 抑或是含泪欢笑
君の心が 君を追い越したんだよ
都是因为你听从了内心的声音啊
music

星にまで願って 手にいれたオモチャも
对着星星许愿 家里的玩具
部屋の隅っこに今 転がってる
也在房间的一角欢腾着
叶えたい夢も 今日で100個できたよ
想要实现的梦想到今天就满100个了
たった一つといつか 交換こしよう
拿出一个来跟未来某天做交换吧
music

いつもは喋らないあの子に今日は
平日里不曾交谈过的人
放課後「また明日」と声をかけた
今天放学后对她说了“明天见”
慣れないこともたまにならいいね
平日里不习惯做的事偶尔做做也不错呢
特にあなたが 隣にいたら
特别是还有你在身边
もう少しだけでいい あと少しだけでいい
只要一点点时间就好 再给我一点点时间就好
もう少しだけでいいから
真的只要一点点就好
もう少しだけでいい あと少しだけでいい
只要一点点时间就好 再给我一点点时间就好
もう少しだけくっついていようよ
再让我们相互依偎一会好吗
music

僕らタイムフライヤー 君を知っていたんだ
我们是时间旅行者 你的故事早已熟稔于心
僕が 僕の名前を 覚えるよりずっと前に
在比我记得我的名字 还要久远的以前
君のいない 世界にも 何かの意味はきっとあって
你所不存在的那个世界 一定也存在着什么意义
でも君のいない 世界など 夏休みのない 八月のよう
但是你所不存在的那个世界 就像没有暑假的八月
君のいない 世界など 笑うことない サンタのよう
你所不存在的那个世界 就像没有笑容的圣诞老爷爷
君のいない 世界など
你所不存在的那个世界啊
music

僕らタイムフライヤー 時を駆け上がるクライマー
我们是时间旅行者 追逐时光的攀缘者
時のかくれんぼ はぐれっこはもういやなんだ
厌倦了与时间的躲猫猫 逃避时间的流逝
なんでもないや やっぱりなんでもないや
别来无恙 我这里一切都好
今から行くよ
现在就去找你哦
僕らタイムフライヤー 時を駆け上がるクライマー
我们是时间旅行者 追逐时光的攀缘者
時のかくれんぼ はぐれっこ はもういいよ
厌倦了与时间的躲猫猫、逃避时间的流逝
君は派手なクライヤー その涙 止めてみたいな
你真是个爱哭鬼啊 我试图去阻止那眼泪落下
だけど 君は拒んだ 零れるままの涙を見てわかった
但是你拒绝了我 用那不断落下的泪滴
嬉しくて泣くのは 悲しくて 笑うのは
喜极而泣 抑或是含泪欢笑
僕の心が 僕を追い越したんだよ
都是因为我听从我内心的声音啊
end

小豆之家敬上!

弗兰兹

最终你还是委屈了自己

有趣的灵魂和好看的外表?

不需要解释

不需要猜测

不需要理会